防災対策(学校・自治体)

防災対策

学校・自治体

学校の防災

災害の怖さを知ること。 災害から逃げる方法として、「訓練」と「条件反射」を覚えることこそが、学童にとって、一番の対策です。
「防災教材ツール」は授業で利用でき、災害が発生した時にも有効に役立てることができます。

防災教材ツール

「知る」と「そなえる」がキーワードです。

Z-CARD(Zカード)のsample2_img021 Z-CARD(Zカード)のsample2_img022

自治体向け防災ツール

何時、どこで発生するか分からないのが災害です。
いかなる時にもすぐに対応策を採れるようにしておかなければいけません。
Z-CARD®は多くの自治体様でご採用賜り、備えのひとつとして役立ててもらえています。

  ハザードマップ

山間部を含む自治体様では、土砂災害に備えて、 危険地域、避難場所などを掲載し、 市民に配布して、もしもの時に備えています。

Z-CARD(Zカード)のsample2-1 Z-CARD(Zカード)のsample2-2 初動マニュアル

発災時に市の職員が市民を守るために、 初動活動の方法を明記し、 職員が常時携帯することで、災害に備えています。

Z-CARD(Zカード)のsample2-3 zcard-sample2-4 当社営業担当者が地元(福岡県筑紫野市湯町)の防災のために企画提案し、実現したZ-CARD®が「ゆまち防災・防犯マップ」。この完成にあたって、地元メディアが報道をしてくれました。
初動マニュアル作成について、
お気軽にお問い合わせください。
0120-995-744
お問い合わせ